Chromeで特定のサイトをフィルタリングして、ブロックする方法をご紹介します。今回はChromeの拡張機能で簡単にできるアクセス制御する方法をご紹介していきます。ぜひChromeで特定サイトをブロックして、本来集中するべき事に集中できる環境を整えましょう! 一部の拡張機能は、サイトデータを読み取り、変更する権限が必要になります。拡張機能の権限はいつでも変更できます。 パソコンで Chrome を開きます。 ツールバーで拡張機能を右クリックします。 AdBlock.

目に毒なあのサイト、どうしても目に入れたくない。見るととってもイライラしちゃうの。 だからブロックしたいけど、でも拡張機能はなんか怖いし、いまいち信用できない。 そんなあなたに、安全でとっても簡単に見たくないサイトを見ないで済むスクリプトを紹介します。

Chromeで使える広告ブロック拡張機能まとめ 1.

拡張機能にサイトデータの読み取りと変更を許可する.

AdBlockは 広告 ブロック拡張機能の中でも知名度が高く、4,000万人以上の ユーザー を持つ(2017年7月14日確認時)人気ツールです。 導入すると大半の 広告 はダウンロードもすることがなく、ブロックすることができます。 AdBlock. Chromeで指定サイトをブロックする拡張機能として、私は最もシンプルで使いやすかった「Blacklist」というものを使っています。ボタン一つでサイトをブロックできますし、解除もボタン一つです。複雑な設定も不要なので気に入っています。



御霊神社 鎌倉 御朱印, 韓国 アイドル 痩せすぎ, 焼きそば もやし 量, ライトショアジギング ロッド 初心者, 玄関 引き戸 取っ手, アメリカ 医師 レジデント, 栗原 はるみ ホットドッグ, ハローワーク 流れ 応募, 退職 知らせる メール 英語, 大阪 医大 トーラック, イワシ 生 オリーブオイル, 一宮 二宮 三宮 神戸, 地 鶏 ラーメン レシピ, 大阪 ヒルクライム 聖地, 削除 した アプリ, キャベツ 玉ねぎ ベーコン スープ, うえの皮膚科 神戸 シミ取り放題, EaseUS Todo Backup Free, レッド ファンタジア の2018, 年収200万 生活 できない, 米粉 蒸しパン さつまいも 黒糖, 厚生労働省 歯科医師 コロナ, らくらく メルカリ お問い合わせ番号, 伊豆 ケーキ 有名, Google画像検索 画像から できない, 洛中 洛外 問題, ジムニー ラダーフレーム 事故,