そのため、全国各地に支店や支社、営業所があり、それぞれの事業場で労働者を10人以上使用している場合、本社だけでなく、それぞれの事業場で就業規則を作成し、事業場を管轄する労働基準監督署に提出する必要があります。

q 「常時10人以上」の中には、パート、アルバイトも含むのか。 a 含まれます。 q 複数の営業所があり、各営業所はそれぞれ常時10人未満であるが、会社全体としては 常時10人以上になる場合、就業規則の作成・届出は必要か。 2. 就業規則の作成は従業員数が10人以下でも可能.

ここまでお読みいただければ、社員数が「10人未満」であれば、法的には就業規則を作成する義務がないことをご理解いただけたことでしょう。 社員が10人未満の場合は、労働基準監督署長に届け出る義務はありません。 「10人未満」でも就業規則を作成するメリット.

就業規則は、従業員が10人以上の企業のすべてに作成が義務付けられています。しかしその作り方がわからないという方も多いでしょう。ここでは記載すべき事柄や届け出の際の注意点など、就業規則の作り方について説明します。 10人以上の従業員を抱える会社の場合、「就業規則」を作成するのは権利ではなく法的義務です。そうしますと、最初に「作る」という行動の誘因があるわけです。10人未満の会社の場合、就業規則を作るメリットがないと、行動の誘因が働きません。 社員が10人未満の会社であれば、配布が困難であるとは認められにくいので、一人ひとりにメールや手渡しで就業規則を配布しておきましょう。 労働基準監督署長に届け出る.

従業員数が10人に満たない小さな事業所であっても、就業規則を作成することは可能です。 この場合は、作成した就業規則を管轄の労働基準監督署に提出する必要がなくなります。

「就業規則は10人未満であれば作る必要はない」と思っている経営者の皆様、その考えは非常に危険です。 過去の判例で、就業規則によって救われた会社、損失を受けた会社は沢山あります。 そこで、今回は就業規則の基本的な理解、就業規則を作るべき4つの…



おせち 海老 リメイク, レザージャケット 手入れ 店, 大谷地産婦人科 閉院 なぜ, ジャパンカップ 枠 データ, 乗鞍 肩の小屋 営業, 不動産 仲介 課題, ボーナス 年二回 いつ, ストリート 通販 メンズ, 裏地赤 バッグ ブランド, 順天堂大学 医学部 留年, MRワゴン エバポレーター 交換, オルビス 美容液 順番, Mac その他 のユーザー 削除 できない, ホットケーキミックス バナナ パウンドケーキ, 生花 通販 定期, 離乳食後期 食パン 量, クリアファイル 飾る ダイソー, X 43a スカム ジェット, 紙 ファイル 100均, 新 百合 ヶ 丘 総合病院 外来, 魚 煮付け 鍋, バッファロー Wi-fi ビックリマーク, 三本 コーヒー 水戸, 低糖 質 型抜きクッキー レシピ, グーグルプレイ ワンクリック購入 解除, デミグラスソース 赤ワイン 代用, 西大寺 皮膚科 後藤, オウガハンド 玉 の 柄, サントリー 烏龍茶 効果, 年収200万 生活 できない, 青山 ブラウス 七分袖, ヴェル ファイア キャンピングカー 改造,